arrhythmia20-1-640x480

プラザキサカプセル

新しいタイプの抗凝固薬で、直接トロンビン阻害薬と呼ばれます。随分前から用いられてきたワルファリンよりも高い有効性、また効きすぎによる出血リスクも低減するというように、ワーファリンとは作用メカニズムが違うのです。

他の薬との相互作用も比較的少なく、食物との相互作用も心配がほとんどなく、ワーファリンのような毎回の血液検査で用量調節に神経をそそぐ必要もありません。このようにメリットが多く、今後 心房細動に起因する心原性脳塞栓症の予防薬として広く用いられると思われる、使いやすい薬剤とはいえます。ただし、出血に対する注意が必要なことに変わりありません。

臨床結果では、ワーファリンより効きが早く効果は同等かそれ以上の有効性が期待できるようです。効きすぎによる出血のリスクもワーファリンより低いことが示されています。ただし、ワーファリン程ではないにしろ、他の薬との相互作用には気をつけましょう。

私の場合、この薬に変わってよかったのは食べ物ですね。別に好きなわけじゃないけどワーファリンだと制限される、納豆食べれます。青汁、クロレラ、緑黄色野菜と何でも食べれます。