リクシアナ錠30mg


リクシアナ錠30mg[下肢整形外科手術施行患者における静脈血栓塞栓症の発症抑制]

主成分:エドキサバントシル酸塩水和物(Edoxaban tosilate hydrate)

血液を固まらせる働きをおさえる事で血液が固まりやすくなっている状態を改善し、血管内で血液が固まって生じる疾患(血栓塞栓症)を予防します。

以下は製薬会社が公開している製薬情報です。

この薬は、血液の抗凝固作用や抗血栓作用から、非弁膜症性心房細動患者における虚血性脳卒中および全身性塞栓症、静脈血栓塞栓症、膝関節全置換術や股関節全置換術、股関節骨折手術の下肢整形外科手術施行患者における静脈血栓塞栓症の発症抑制に使われています。

使用前に必ず医師と薬剤師に伝える事。

以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。出血している(頭蓋内出血、後腹膜出血または他の重要器官における出血など)。

 

出血しやすい。血が止まりにくい。急性細菌性心内膜炎がある。消化管潰瘍がある。

 

頭蓋内出血後または脳脊髄や眼の手術後あまり日が経っていない。腎機能障害がある。肝機能障害がある。体重40kg未満

 

妊娠または授乳中

 

他に薬などを使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、他に使用中の一般用医薬品や食品も含めて注意してください)。

 用法・用量

通常、成人は1回エドキサバンとして30mgを1日1回服用します。本剤は1錠中にエドキサバン30mgを含有します。必ず指示された服用方法に従ってください。

 

飲み忘れた場合は、気がついた時点でできるだけ早く1回分を飲んでください。ただし、次の飲む時間が近い場合は、忘れた分を飲まないで、次の飲む時間に1回分を飲んでください。次の服用まで12時間以上空けてください。絶対に2回分を一度に飲んではいけません。

 

誤って多く飲んだ場合は医師または薬剤師に相談してください。

 

医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。

副作用

主な副作用として、出血(皮下出血、創傷出血)などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。

 

〈非弁膜症性心房細動患者における虚血性脳卒中及び全身性塞栓症の発症抑制〉
主な副作用は、鼻出血、血尿、挫傷等です。

 

〈静脈血栓塞栓症(深部静脈血栓症及び肺血栓塞栓症)の治療及び再発抑制〉
主な副作用は、鼻出血、月経過多、肝酵素上昇等です。

※まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。

吐血、黒色便・血便、腹痛、食欲不振[消化管出血]

 

吐き気、めまい、麻痺、感覚障害[頭蓋内出血]

 

目のかすみ、視力障害[眼内出血]

 

全身倦怠感、食欲不振、皮膚や白目が黄色くなる[肝機能障害、黄疸]

以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。