タケキャップ錠


タケキャブ錠20mg[消化器用剤]

主成分:ボノプラザンフマル酸塩(Vonoprazan fumarate)

胃酸の分泌を抑えるお薬で、いわゆる「胃薬」という分類になります。胃薬の中でもプロトンポンプ阻害薬(PPI)というお薬に位置付けられますが、タケキャブ錠は従来のPPIとやや異なった作用機序を持つ胃薬で、PPIの持ついくつかの欠点を補っているお薬になります。胃炎・胃潰瘍の治療に使われる他、ピロリ菌(H.pylori)の除菌にも役立ちます。

以下は製薬会社が公開している製薬情報です。

この薬は、カリウムイオンに競合的な様式でプロトンポンプを阻害することによって、胃酸の生成を抑制します。通常、胃・十二指腸潰瘍、逆流性食道炎の治療、低用量アスピリン・非ステロイド性抗炎症薬服用時における胃・十二指腸潰瘍の再発抑制に用いられます。

使用前に必ず医師と薬剤師に伝える事

以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある、肝障害がある、腎障害がある。

 

妊娠または授乳中

 

他に薬などを使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、他に使用中の一般用医薬品や食品も含めて注意してください)。

用法・用量

胃・十二指腸潰瘍、逆流性食道炎:通常、成人は1回1錠(ボノプラザンとして20mg)を1日1回服用します。胃潰瘍では8週間まで、十二指腸潰瘍では6週間までの服用とします。逆流性食道炎では通常4週間までの服用としますが、効果不十分の場合は8週間まで服用することがあります。

再発・再燃をくり返す逆流性食道炎の維持療法:通常、成人は1回0.5錠(ボノプラザンとして10mg)を1日1回服用しますが、効果不十分の場合は1回1錠(20mg)に増量されることがあります。

低用量アスピリン・非ステロイド性抗炎症薬服用時における胃・十二指腸潰瘍の再発抑制:通常、成人は1回0.5錠(ボノプラザンとして10mg)を1日1回服用します。
いずれも必ず指示された服用方法に従ってください。

飲み忘れた場合は、気がついた時に1回分を飲んでください。ただし、次の服用時間まで8時間以上あけてください。絶対に2回分を一度に飲んではいけません。

 

誤って多く飲んだ場合は医師または薬剤師に相談してください。

 

医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。

※主な副作用として、便秘、下痢、腹部膨満感、吐き気、発疹、むくみなどが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。