不整脈の種類

不整脈は大きく分けて3つの種類があります。脈の遅くなる「徐脈」、速くなる「頻脈」、さらに、脈が飛ぶ「期外収縮」です。

「徐脈」は

心臓の中で電気がつくられなくなったり、途中でストップしたりするために起こります。

徐脈をきたす病態として、洞不全症候群、房室ブロックがあります。

「頻脈」は

電気が異常に早くつくられるか、異常な電気の通り道ができて電気の空回りが起こるために発生します。

頻脈をきたす病態には、心房細動、発作性上室性頻拍、心室頻拍、心室細動、WPW症候群などがあります。